なぜヘナ専門店にしたのか

hennalife

ヘナを探している人は


・髪が細くなって
 ボリュームが出ない

・トップが薄くなってきた



だいたいこの2つが
メインじゃないでしょうか?



当然白髪染めを
長年続けていたら


わかるはずです。


目先の白髪を気にして
大切な髪の悲鳴
聞き逃していませんか?



髪は言葉にして
言ってくれません。



なぜ
ヘナ専門店にしたのか?


白髪を染めるために
したわけではありません。




だから
白髪を染めるためだけに
来ないでください。



白髪染めと比較して
時間がかかるとか

他のお店と比べて
金額が高いとか

色が黒くしたくないとか



そんな人にヘナを
してほしくないし
まずヘナに興味を
持たないでほしいです。



・時間がかかる

薬品は化学反応で
白髪を染めてくれます。
だから
時間がかかりません。

ヘナの場合
葉っぱなので
薬品ではなく

空気酸化で
じっくり反応していきます。

だから
時間がかかります。


・金額が高い

ヘナは葉っぱを
乾燥させて粉にします。

粉にする工程で
石や茎が混じったりします。

その混ざりもののほうが
多かった場合
色が薄くなります。

その不純物を人の手で
選別(手選別)
することで

混じり気のない
サラサラのヘナ

袋詰めされます。



混じり気のない
ヘナにするには
人の手が重要なんです。


安く手に入るヘナは

機械で選別
してますので
そこが違ってきます。

いくら100%でも
人の手にはかないません。


・黒くしたくない

ヘナが黒くなることは
絶対にありません。

ヘナは白髪に入ると
オレンジ色になるからです。

ヘナのオレンジ色を
消す為に
インディゴで重ねていきます。
(白髪が多い場合)

最初は
黄緑っぽい感じに発色します。


黄緑になってから
約6時間後に
じっくり空気と混じり
酸化して
色が変化していきます。

だから黒くなりません。

暗くなるのは
何か別のハーブを
ブレンドしているか

薬品が混じっている場合です。


黒いヘナはありません。
しかし
名前でブラックヘナと
称するものがあります。
化学物質が使用され
アレルギーを起こす
危険性があります。

もしブラックにできます
と言われた場合は
違法なので
気をつけてください。



白髪を染めるために
ヘナをしていません。


何もしなければ
いちばんいいことなんです。


ずっと自分の髪でいる


カツラに頼らず
薬品に逃げず


一生自分の髪でいたい
人を増やす

当店はここを目指しています。



何度も言いますが
白髪染めのために
ヘナをしていません。